蒔絵ミニ香合 狐婦人と茶釜狸

型番 O0718027
販売価格 28,080円(税込)
購入数

■ 商品詳細
サイズ(cm):φ5.5×H2.2
素材:桑材
作り手:伯兆


小さなちいさなキャンパスに、独特の世界観を繰り広げた作品を作り続ける蒔絵師 伯兆さん。
毎回手に取るたびに、美しく、緻密で、そしてちょっとクスッと笑ってしまうような物語のある絵に魅入ってしまいます。
当店では、ほとんどの作品をオリジナルのデザインで製作していただいています。

茶釜に化けたいたずら狸が、人間に恩返しをしていく昔話『分福茶釜』。
お茶を点てる美しい狐婦人は、『葛の葉狐』をモチーフにしたそうで、これもまた白狐の恩返しのお話。
昔話と古の伝説を融合した心温まる絵柄で、手に取るとなんだか福をもたらしてくれそう。
桐箱に描かれた妖狐の漆絵にも注目です。

【作者プロフィール】
1972年 茨城県生まれ
1993年 女子美術短期大学造形科生活デザイン教室卒業。
同年、父でもある蒔絵師「一径」に師事。
主に鼈甲の装身具に蒔絵をするのが仕事。

修行10年目に「伯兆」の号を賜る。

現在は愛知県在住。子育てをしながら製作活動。

Top