▍青森県に伝わるあけびつる細工は、幕末期、岩木山麓の温泉に湯治に訪れた会津の浪士によってその技術が伝えられたと言われています。
通常、夏から秋にかけて「ミツバアケビ」の若いつるを採取し、50本を一束にして2〜3年かけて乾燥・保存します。それを水に浸けてやわらかい状態にし、まず底を編み、次に胴、縁とていねいに編んでいきます。
つるの採取や編みはもちろん、木型もすべて職人の手作り。材料も年々減少しているため、貴重な工芸品として見直され始めています。一つひとつのかごには、職人の根気と経験と、自然の恵みが詰まっています。


[ 並び順を変更 ] - おすすめ順 - 価格順 - 新着順
全 [10] 商品中 [1-10] 商品を表示しています

あけびかご 菊皿

7,020円(税込)
SOLD OUT




あけびかご 9寸細目こだし編み

24,840円(税込)
SOLD OUT


全 [10] 商品中 [1-10] 商品を表示しています
Top