三和織物

▍「刺し子」はもともと、布に厚みを持たせて一枚でも丈夫であたたかく使えるようにするために、手でひと縫いひと縫い刺したもの。この「刺し子」を、機械で布を織りながら刺し縫いしていく技法を実現したのが「刺し子織り」です。
自然豊かな福島で生まれる刺し子織りの布は、明治から4代続く織り手 大峽健市さんが紡ぎ出しています。民藝運動の創始者・柳宗悦氏の甥、柳悦孝氏に長年に渡り師事し、1979年には日本民藝館賞を受賞した経歴の持ち主。
機械織り、と一言では片付けられないほど、その工程は手間ひまかかるもの。織機に糸をセットするところからはじまり、その時の温度や湿度により機械を調整しながら、1時間に織れるのはたった1m程度といいます。この柔らかく心地よい風合いの布は、長年培った職人の手と目の感覚があってこそのもの。
50年以上のロングセラーである『紋刺し子』だけでなく、時代に合わせて新しい織り柄も次々に生まれてきました。暮らしの中にあるものだからこそ持つ、使いやすさ、丈夫さ、そして美しさ。流行にとらわれない魅力が、一つひとつの布に宿っています。

  
[ 並び順を変更 ] - おすすめ順 - 価格順 - 新着順
全 [4] 商品中 [1-4] 商品を表示しています

全 [4] 商品中 [1-4] 商品を表示しています

営業日カレンダー

2021年1月
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
□背景が黄色=実店舗オープン日(営業時間:12:00〜16:30)

※変更がある場合、インスタグラムでお知らせします。

□土日祝=ウェブショップ休業日

Top